« ひさびさ | トップページ | 観戦記その1 »

2010年5月 5日 (水)

通信異常

今年の大会も終わって少し落ち着いてきました。

今日は観戦記よりも書きたいことがあるので報告します。

通信異常詳細
サーバーから手番側クライアントに棋譜データのエコーバックをしていると思いますが、そのエコーバックデータが受け取れない場合になり金はあのような現象(%SENNICHITE送信)になります。
なり金としては自分手番の棋譜でもエコーバックを受けて初めて棋譜として登録していますので、エコーバックデータ取得に失敗すると相手の2手指しとして動作します。(実際こちらに残っている棋譜は2手指しになっていた)

結論
何らかの原因でエコーバックデータが取得できなかったのが原因と思います。

まとめ
エコーバックで棋譜を進めている場合は自分の送信したデータが一致しているか確認する必要がある!

|

« ひさびさ | トップページ | 観戦記その1 »

コンピュータ将棋」カテゴリの記事

コメント

先日はお世話になりました。

オープン戦での通信バグ仲間のきのあ将棋です。

ムラさんのエコーバックで棋譜記録する仕様だと
相手の着手のエコーより、先に相手の着手が送られてくることがあるとのことを
CSAの通信関連の資料で読んだことがあるので
危険かも知れないです。

▼情報源のサイト
http://www.computer-shogi.org/protocol/tcp_ip_client_114.html

※「7. お手元の環境での事前テストについて」の項

いつもお世話になっているので、お礼のご報告です。

PS:そろそろまた本格鎖国する予定です。開国するまでバイバイ菌

投稿: きのあ | 2010年5月 6日 (木) 03時22分

その内容は棋譜の順序が入れ替わる訳じゃないですよね。
たしか1パケットで複数の棋譜が送られる可能性があるので、「きちんと改行を認識して処理する必要がある」という内容だったはず。
ちなみにこれの対応は済んでます。

投稿: ムラ | 2010年5月 6日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181022/48275478

この記事へのトラックバック一覧です: 通信異常:

« ひさびさ | トップページ | 観戦記その1 »