« パラメータの最適化中 | トップページ | あと一つ »

2009年4月28日 (火)

本当に最適?

パラメータの最適化が終わりに近づいてきたので時間をかけて妙案を自己対戦させている。
以前はそれなりに効果があったはずなのに自己対戦の勝率は五分、殆ど意味が無いようだ。
しかし、アレだけ特殊な事をやっていて五分ってことは入れる価値はありそうだ。
入れ方をもう少し検討しよう。

最適化中のパラメータ。
読みが深くなるはずのパラメータだったのに、自己対戦を見ている限り読みが深くなっているとは思えない。
確かに以前よりは良さそうな指し手を選択するようにはなっているので、それで良しとしようと思う。
そうしないともう間に合わない。

最後に15項の再度高速1手詰め(簡易版)のしきい値は7が一番強いという結果が出た。
ただし、1手1秒の自己対戦なので少し加減して6で行こうと思う。


残っている問題
①.静止探索は今の探索と評価ルーチンにはなじまない事 → 一旦放置。静止探索は行なわない
②.高速1手詰め(簡易版) 6>10>7=8 → 頓死が多い原因だ。 当面6で調整
③.終局までの手数が長い → 王の25近傍の評価値に原因があったようだ
④.変な手を指している → 王の25近傍の評価値に原因があったようだ
⑤.頓死が多い → 対応を考える
⑥.打ち歩詰めが発生 → 対応しない予定
7.妙案対応 → 対応方法検討中
8.学習もどき → 様子見 → 時間が無ければ現状でのまま放置する予定
⑨.角頭の守り対応 → 対応済み
⑩.飛先の歩捨て対応 → 評価ミス、たぶん対応済み
⑪.飛車の逃げ → 対応済み
12.高速化 → 無理か
13.パラメータの最適化 → 現在進行中
14.学習もどき追加項目 → 8項と同タイミングで様子見 →放置する予定
⑮.再度高速1手詰め(簡易版)のしきい値検討 → 6で行くつもり

残りは5項目。

|

« パラメータの最適化中 | トップページ | あと一つ »

コンピュータ将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181022/44818416

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に最適?:

« パラメータの最適化中 | トップページ | あと一つ »