« 憑き物 | トップページ | 前回の結論 »

2009年2月28日 (土)

結局

先週末から静止探索を入れた。しかしながら、思ったほど強くならない。静止探索を入れないものとの対戦させてみると勝率は20%程度。
静止探索が重いのが原因のようだ。重くなりそうな部分を見つけては修正してみるものの結果がよくならない。
そうこうしているうちに新たな問題が発生。評価関数らしいが原因不明。

| 全 ・ ・ ・ ・ ・v角v桂v香
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v玉 ・
| ・ ・v歩 ・ ・v銀v銀v金 ・
| ・ ・ ・ ・ ・v飛v歩v歩 ・
| ・ 飛 歩 歩 ・ ・ ・ ・v歩
| ・ 角 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・
| ・ 歩 桂 ・ ・v歩 ・ 歩 歩
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 金 銀 香
| 香 ・ ・ ・ ・ 歩 金 桂 玉
先手持駒:桂 香 歩五
後手持駒:
手数=93 まで
後手番

こんな盤面の後手番。自分でも何が正しいのか分らない盤面なのだが、なり金が選択したのは1六歩。
いくら手がなさそうな盤面だからといって、ここで1六歩は無いじゃない?4六飛の方が良くない?
今週末はこの盤面で1六歩を選択する理由を見つけたいと思う。

|

« 憑き物 | トップページ | 前回の結論 »

コンピュータ将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181022/44198933

この記事へのトラックバック一覧です: 結局:

« 憑き物 | トップページ | 前回の結論 »