« 小宮さんはやっ | トップページ | 自己対戦問題 »

2008年2月21日 (木)

自己対戦の問題

昨日、一晩使って自己対戦させてみたのですが、やはり自己対戦は問題があります。
勝つべき方が44戦中11敗。そのうち7敗が同一棋譜という。
序盤にはそれなりに乱数で振っているはずなのに変化のでないパターンというのは発生してしまうのだと実感した。

|

« 小宮さんはやっ | トップページ | 自己対戦問題 »

コンピュータ将棋」カテゴリの記事

コメント

連続対戦で、序盤のみ乱数をつかうとたしかにある程度、同一棋譜になりますよね。
自分は、誤差の範囲とか気にしないことにしてますが、問題かも。。。

投稿: きのあ(あきすての | 2008年2月23日 (土) 00時33分

きのあ将棋位に強くなると誤差の範囲に収める事が出来るのですね。
まだまだ、なり金では誤差に出来ませんよ。なのでこれからなんとか解決策を考えていこうと思います。

投稿: ムラ | 2008年2月23日 (土) 09時32分

きのあはまだまだです。
最近、検証方法を見直そうかなと思っていまして。。。

それでなんですが、RS232cの連続対戦って気軽にやれて便利ですよね。
だから、指定ファイルを元に連携するのはどうだろうと思ってているのですがいかがでしょうか。
(めちゃハードディスク痛みそうですがw)

投稿: きのあ(あきすての | 2008年2月23日 (土) 23時41分

きのあ将棋はファイルで有る程度の設定が出来ますね。
それを使うのは良い考えですね。
序盤で勝敗が決してしまうようなファイルの指定をしなければ評価として使えそうな感じですね。

投稿: ムラ | 2008年2月24日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181022/40213673

この記事へのトラックバック一覧です: 自己対戦の問題:

« 小宮さんはやっ | トップページ | 自己対戦問題 »